バーグマン200 セルモーター不良 エンジン掛かりそうでかからない

トラブル発生日

2020.04.12 (投稿者:norinko)

 

車種

バーグマン200 (CH41A 2014年式 15,618km)

 

症状

エンジン始動せず。時々、エンジンが掛かる。

アースがしっかり取れていないような感もあり、エンジン始動時のセルモーター音がとぎれ、少し弱く感じる。

 

出現状況

毎回

 

考えられる原因

セルモーター自体が始動時にかなり熱を持っている。音も少し違うように感じる。

バラシて内部を見てみると、セルモーター内のブラシが、ブラシを押し出すバネにより飛び出していた。

飛び出し過ぎたセルブラシが内部で挟まって、セルモーターの回転を悪くしていた。

そのため、セルモーターの回転が足りない時はエンジンが掛からなかった。

 

改善点

社外製のセルモーターの交換(4,000円程度)

 

その後の様子

エンジン始動が好調になった。

 

修理データベース投稿のお願い

修理やトラブルで困った人のために事例を投稿してみましょう。

2 件のコメント

  • 初めまして、同じ症状なんですが、社外のセルモーターはどこで手に入りますか?宜しくお願いします

    • 社外セルモーターはスカイウェイブなどスズキ用のものと同じだったかと思います。間違っていたらすみません…。

  • norinko へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です