マジェスティ 4D9 エンジンが途中で停止する

燃料ポンプ

トラブル発生日

2020.11.10 (投稿者:norinko)

 

車種

マジェスティ (4D9 2007年式)

 

症状

最初のエンジン始動時は問題なくエンジンが掛かり、吹け上がりも問題ない。

しかし、数分後、エンジンが温まってきた時点で停止する。

一度、停止すると再度、エンジン始動がむずかしくなる。

数時間、放置するとエンジンがまた始動するようになる。

 

出現状況

エンジン始動後、20分くらい。

温まった状態であればほとんどの確率で出現。

 

考えられる原因

停止してから再度エンジン始動の際、エンジンが掛かりづらい。

その時に燃料ポンプの音がしなくなっている。

もしかしたら、ポンプが温められた時に膨張によりポンプが回りにくい状態になっているかもしれない。

 

改善点

燃料ポンプの交換

燃料ポンプ

その後の様子

交換後、エンジンが止まることがなくなった。

 

修理データベース投稿のお願い

修理やトラブルで困った人のために、あなたの事例を投稿してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です